誰もが楽しめる舞台づくりを

舞台芸術はまだまだ閉鎖的な文化です。
世の中には気軽に見られるテレビや動画コンテンツが多く溢れていて、時間もお金も使う舞台は、なかなかたくさんの方に観てもらえるようなコンテンツではありません。その原因にはコスト面以外にも、舞台ならではの独特な世界観など問題は山積みです。

しかし私は、舞台には時間やお金をかけるだけの価値が大いにあると思っています。「何のために生きるのか?」「自分にとっての幸せとは何か?」劇場で味わうことができる非日常の空間で、様々な考えに耽ることができます。それこそが多くの方に舞台に触れてほしい最大の魅力です。

舞台は自由です。広い舞台のどこへ視線を向けるのか、誰に感情移入するのか、観る人が違えばそれぞれ受け取り方も違います。これまで観劇したことのない方も「楽しめるのか?」と難しく考えずにそのままのあなたで作品を感じ、楽しんでいただきたいと思います。

私たち劇団アイネクストは、これまで舞台観劇をしたことがない方も楽しめる、そして何度も劇場へ足を運びたくなる、そういった作品づくりを目指しています。皆様の新たな人生の転機となるよう、日々最高のエンターテイメントを作り続けていきます。

劇団アイネクスト 団長

自分自身に想像力(創造力)がある限り進化し続けられる

今まで、全く何もしてこなかった僕です。工場でひたすら作業をしていた日々、その時から”何か新しい事”をしたいと考えておりました。
そんな中でふとミュージカル映画を観た時に、僕がしたい”何か新しい事”が見つかりました。
そして劇団アイネクストに入って、呼吸法やら何もかも知らない中、演技未経験だった当時の僕は練習についていくのに必死でした。
そんな中でも、旗揚げ公演当日、舞台に立った僕は今まで経験した事ない様な緊張をしていましたが、不安など一切なかったです。
ただ感じた事は一つでした、お芝居の楽しさです。
色々な仲間に出会い、お互い切磋琢磨しながら作り上げた作品を直接、肌で感じてもらえた時の興奮、喜び、感動は他のものには変え難いものです。
言葉だけがその役の人ではなく、自分自身がその役の人として生きる。
こんな経験、他では味わえないでしょう。演じる喜びを知ったら、観る側には回れなくなります。

演技とは与えることだと思います。
役者は与える人であるべきです。
演じるに対して色々、思考するのですが、思考する源は自分自身の精神が源だと思います。
舞台はそんな自分自身の精神をはぐくみながら成立する場所だと思っています。

劇団アイネクスト 副団長

役者・スタッフ紹介

安藤 翔也

日々精進!!

池畑 和希

歌と共に生きる

伊佐 海斗

視野を広く、世界に興味を

井上 由貴

笑顔は1番の化粧!

大西 弘志

人は生きる為に食べているんじゃない!食べる為に生きているんだ!

塚田 拓夢

夢見ることができれば、それは実現できる

花村 彩伽

今この瞬間が未来に繋がる

濱田 葵

ところで平凡な俺よ 下を向いている暇はあるのか

平安山 智史

理想主義上等

永坂 真弓

楽しき人生

西田 杏佳

なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない。

松永 健太郎

希望に進むのが気持ちの良い人生ってもんだろ

宮本 隆志

本気の失敗には、価値がある